スキンケアおすすめ

MENU

スキンケアとはお肌を正しくお手入れすることです。

スキンケアとは、お肌の手入れをすることを言います。洗顔から始まり、化粧水で肌を潤し、乳液で油分を補い、美容液も使用することです。

 

その人それぞれに、スキンケアの方法や使用している化粧品なども違うので、いつも簡単に済ませてしまう人もいるでしょうし、とても丁寧に行っている人もいるでしょう。

 

スキンケアは、その日ダメージを受けた肌を回復するためでもありますし、年齢を重ねても、それを感じさせない肌にするための毎日出来る小さな努力なのです。将来鏡で自分の顔を見て、ため息をつく、ということが減るように、若いうちから正しいスキンケアをすることがとても大切なのです。

 

毎晩、丁寧に洗顔をして一日の汚れをしっかりと落とし、乾燥しないように化粧水で肌を潤します。
適量の乳液で肌に油分を与えて、ふっくらとした肌にします。そして、気になる部分には美容液を付けます。一日の最後に自分の肌と向き合う良い時間なのです。毎日のケアを怠らず、いつまでも綺麗なお肌でいたいものですね。


スキンケアの必要性について

スキンケアは、なぜ行わなくてはいけないのでしょう?
生まれたばかりの赤ちゃんや子供は、何もしなくてもいつもすべすべでプリプリなお肌でいますね。しかし、人の肌は加齢と共に衰えます。
そのためにも、20代を過ぎた頃から毎日のケアをきちんと行わなくてはいけません。

 

10代までは、日焼けなどのダメージを受けてもまだもともと持っている自分の力でケアが出来るため、大事にならずに済みます。
しかし、20代に入ってからは年を重ねていく度にその力が減っていくため、スキンケアをきちんとする必要があるのです。

 

外に出る時は効果の高い日焼け止めを塗ることも大事ですが、もしもうっかり日焼けをしてしまったら、その日のうちにきちんとケアをし肌が弱っているなぁと感じた時も早めに肌に栄養を与えることにより肌年齢を若々しくすることが可能なのです。

 

ケアを怠ったばかりに、ボロボロの肌になってしまったら嫌ですよね。自分の将来の肌のため、毎日のスキンケアを怠らないようにしましょう。

スキンケアを行うのは何歳くらいから?

スキンケアは、何歳からするべきなのでしょうか?
高校を卒業したあたりからや、20代になってからと言われることが多いようです。

 

最近では、中高生がメイクをすることは当たり前のようになっていますが、もともと10代の肌にはメイクはあまりしない方が良いのです。
早くからメイクを始めてしまうと、肌の老化を早めてしまうのです。なので、その分しっかりとスキンケアも続けなければいけないので、メイクを始めた年齢からスキンケアは必要ということになります。

 

小学生などは、まだ自分で肌を活性化する力があるため、化粧水や乳液といったケアは必要ありません。

それよりも、規則正しい生活とバランスのとれた食生活を送るようにすれば良いのです。化粧水などに憧れる子供達もたくさんいますが、焦って使い始める必要はありません。必ず使わなければいけない年齢が来るのです。

 

人によって肌質などもありますので、特に何歳からとは決まっていませんが、少しずつスキンケアを始めると良いでしょう。
そのためにも、自分にあったスキンケア用品に出会うことも大事ですね。

更新履歴